WORKS

2021.07.29

納品事例「経年変化が楽しみな桜のテーブルとブラックチェリーの椅子」

神奈川県相模原市 T様邸

ご新居にダイニングテーブル「SF12」とチェア「SF7」を納品させていただきました。

濃淡のある桜に、ほんのり赤みを帯びたブラックチェリー

新築一戸建てのご新居用に家具をお探しだったT様。

「SF12」サクラ材のダイニングテーブルに、「SF7」ブラックチェリー材のチェアをセットアップし、納品させていただきました。

サクラ材とチェリー材の違いについてお問い合わせをいただくことがあります。

どちらもバラ科に属する広葉樹ですが、「SF7」に使用しているチェリー材は北米産のブラックチェリー材。一方で「SF12」に使用するサクラ材は北海道産の桜です。

ブラックチェリー材は経年変化が大きく、時間の経過とともに赤みが増していきます。一方、サクラ材は赤身と呼ばれる部分と白太と呼ばれる部分がはっきりしていて、木目のコントラストが特徴的。

濃淡のある桜のテーブルに、ほんのり赤みを帯びたブラックチェリーの椅子がよく馴染んでいます。

※商品情報

ダイニングテーブル「SF12」/素材:桜/サイズ:W1600*D850*H720/仕上げ:ウレタン塗装

ダイニングチェア「SF7」/素材:ブラックチェリー/張地:BA-10/仕上げ:オイル仕上げ

※納品事例はこちらでもご覧いただけます。

HOME WORKS納品事例「経年変化が楽しみな桜のテーブルとブラックチェリーの椅子」