WORKS

2024.02.5

納品事例「和の雰囲気に馴染むレッドオークの椅子」

京都市上京区に先日オープンした和食「間」様

チェア「SF7」レッドオークを納品させていただきました。

乾燥もしやすく加工性が高いので、反りや狂いが少ない

京都市上京区河原町丸太町の交差点からすぐ近い三本木通り沿いに2/3オープンした和食「間」様。店内に横たわる白木のカウンターに合わせて、チェア「SF7」レッドオークをお求めいただきました。

和洋を問わず、飲食店へ納品させていただくことも多いチェア「SF7」。選択する樹種によってその表情は変わりますが、割烹やお寿司屋さんなど、和食店にはオーク系の樹種がとてもよく似合います。

今回はレッドオークでしたが、その特徴はやはり力強い木目。その名の通り、赤味がかった木肌は木目を際立たせ、経年変化によってさらに重厚感を増していきます。またオーク系の樹種の中では乾燥もしやすく加工性が高いので、反りや狂いが少ないという特徴もあります。写真でも和風の店内にとても馴染んでいるのがよく分かりますね。

鴨川からも程近い路地にオープンしたお店の椅子に腰掛け、美味しいお酒と和食を堪能してみてください。

※商品情報

チェア「SF7」/素材:レッドオーク/張地:アネルカダークブラウン/仕上げ:オイル仕上げ

※店舗情報

「間」(2024年2月3日OPEN)

075-708-6805

〒602-0871 京都市上京区俵屋町430-4

お店のInstagramはこちら

※納品事例はこちらでもご覧いただけます。

HOME WORKS納品事例「和の雰囲気に馴染むレッドオークの椅子」