NEWS&COLUMN

2023.01.28

ダイニングテーブルのサイズ選びについて

ダイニングテーブルを選ぶ際に気になるのが大きさについて。弊社でご紹介しているダイニングテーブルも、サイズは幅130センチ〜200センチ、奥行きは80〜90センチまで様々。特注では更に小さいサイズや大きいサイズで製作させていただいた実績もあります。家族構成や来客の有無。お部屋の広さやレイアウト。更には生活スタイルなどによって、ダイニングテーブルの最適な大きさは変わってきます。ではサイズ選びは何を基準に選べば良いのでしょうか?

家族構成や来客の有無など、使用する人数に合わせてサイズを選ぶ

まず選び方の基準にしたいひとつ目は「使用する人数」。

ご家族構成や来客の有無などを考慮し、何人掛けのテーブルが必要かを考えます。ちなみに、ひとりの人が食事する際に必要とするスペースは一般的に幅60センチ×奥行き40センチと言われていますので、掛ける人数分を基準にすると、二人が向き合って座る場合、幅60センチ×奥行き80センチのスペースは最低でも必要と考えることが出来ます。そう考えると、ぴったりサイズなら幅80センチ×奥行き80センチの四角いテーブル。少しゆったり使うなら幅90センチ×奥行き90センチの正方形を、というように考えることが出来ます。

同様に4人掛けなら、幅120センチ×奥行き80センチが最低限必要となり、もう少しゆったり使用するなら、幅140センチ〜150センチ×奥行きは80センチ程度と考えることが出来ます。またもうひとまわり大きなサイズで幅160センチ×奥行き85センチあれば、来客時に奥行き面に椅子を追加し、6人掛けとして使うことも想定できるでしょう。

更に、横並びで3人が向かい合う6人掛けを想定した場合は、幅180センチ×奥行き80センチが最低限必要なサイズとなり、ゆったりと使うなら、幅、奥行きともにそれ以上のサイズというふうに考えることができます。

このようにひとり分の必要なスペースをもとに「使用する人数」に合わせたテーブルサイズを選ぶとよいでしょう。

お部屋のスペースに合わせてサイズを選ぶ

次に基準にしたいのは、お部屋のスペース。

当然ながら部屋の広さによって、置けるテーブルのサイズも変わってきます。

その際に意識しておきたいことは主にふたつ。

ひとつは「テーブルを使用する時」に必要となるスペース。

もう一つは「テーブルを使用しない時」に必要となるスペースです。

ダイニングテーブルセットが部屋の中で占拠するスペースは、テーブルに椅子をセットしたサイズ。また椅子に掛けるために人が出入りするスペース。更にはテーブルの周りを人が通り抜けるスペースが必要なのですが、テーブルの大きさだけに囚われすぎて、周りのスペースを考慮し忘れてしまうことがよくあります。

テーブルにセットした椅子に人が座った状態で占めるスペースは、一般にテーブルのサイズに加えて+約50センチ。椅子に出入りする際に必要なスペースは、+約75センチです。つまり、テーブルを使用する際に必要となるスペースは最大でテーブルサイズ+75センチということになります。

またテーブルにセットされた椅子の後ろを人が通るためには最低60センチ必要です。つまり、テーブルを使用しない時でもテーブルサイズに加えて、+約60センチのスペースは確保しておきたいということになります。

椅子との高さのバランス。「差尺」を意識してサイズを選ぶ

最後に基準にしたいのが椅子とのバランス。これは主にテーブルの高さ選びの基準になります。

国内で流通しているダイニングテーブルの高さは68センチ〜72センチのものが多いのですが、セットする椅子の座面の高さとのバランスによって、テーブルが高いな〜と感じたり、逆に低すぎたりなんてことも・・・。

その際に意識したいのが「差尺」。差尺というのは、テーブルの天板の高さと椅子の座面の高さの差。この差が大きくなると手元と天板の距離が近くなり、テーブルが高く感じます。もちろん体型には男女差、個人差がありますので一概にはいえませんが、日本人の体型であれば一般的には27センチ〜30センチが最適とされています。

以上の3点を基準に、ぜひピッタリのダイニングテーブル選びを楽しんでみてください。

※テーブルと椅子の最適な高さのバランスについてはこちら

※ダイニングテーブルの一覧はこちら

※ダイニングチェアの一覧はこちら

※商品紹介や納品事例はこちらでもご覧いただけます。

HOME NEWS&COLUMNCOLUMNダイニングテーブルのサイズ選びについて