• BA-01(ビニールレザー)

  • BA-07(ビニールレザー)

  • BA-10(ビニールレザー)

  • GR-1(布)

  • GR-3(布)

  • L-2934(ビニールレザー)

  • アネルカアイボリー(布)

  • アネルカダークブラウン(布)

  • アネルカベージュ(布)

  • ウォルナット

  • ブラックチェリー

  • ホワイトオーク

  • レッドオーク

002005

SF9

¥67,100(税込)
  • サイズ
    W555×D520×H730(SH445)
  • 素材
  • 色/張地
数量

※こちらの商品は職人による受注生産のため、約1~2ヶ月の納期をいただきます。詳しい納期については、ご注文確定後にメールにてお知らせいたします。

※送料は商品代金、お買い上げ点数に関わらず、一回のご注文につき一律4,950円(税込)を頂戴します。ただし、北海道、沖縄、離島、山間部など、配送エリア及び設置箇所によっては、別途追加料金が発生する場合がございます。

※張り地及びサイズについてはサイトでご紹介しているもの以外にも対応可能です。張り地サンプル及び板見本の貸し出しも可能ですので、詳しくはお問い合せください。

※受注生産のためご注文後のキャンセルはできません。キャンセル規定

※よくあるお問い合わせ内容については、こちらのFAQでもご案内しています。

こちらはSF8のハーフアームタイプです。
北欧家具を思わせる有機的な曲線が、デザイン性の高さと技術力を物語る美しい椅子。福岡県は朝倉市にある小さな工場で、一点一点大切につくられています(ストーリーはこちら)。
あくまでも座り心地を重視して設計され、背もたれのフィット感とアームの手触りには特にこだわっています。その背もたれですが、実は一枚の板ではなく無垢材を何層にも重ねて削り出したもの。大まかな形まではNC機械でたどり着けるのですが、椅子の表情を決める研磨の工程は人の手でしかできないそうです。
また背もたれとアームの接合部は、フィンガージョイントとよばれる技術で強度をアップ。座面の下地にはソファに使われるエラスベルトを張り、弾力性のある座り心地に。
多くの職人の手を経て丁寧に仕上げられた椅子は、いつまでも触っていたくなるほど滑らかな手触り。接合部の継ぎ目にも段差は一切感じられず、まるで一本の木からこのままの形で削り出されたかのような一体感に感動すら覚える逸品です。

※オイル仕上げ(ウレタン塗装への変更はご相談ください)

※写真の素材はホワイトオーク、張地はL-2934

※選ぶ素材、張地によって価格は変わります

※同じデザインの肘ありタイプはこちら

※オイル仕上げとウレタン塗装の違いについてはこちら

HOME LINE UPCHAIRSF9